>  > 大きなバストの自己主張

大きなバストの自己主張

あのバストは自己主張が過ぎるというか、巨乳風俗嬢のFちゃんのバストはまさに弾丸。大きいバストだとどうしても垂れてしまうじゃないですか。重力がある以上、それは仕方ないことだと思うんですけど、彼女に関しては全然垂れていないんです。きっと垂れないギリギリのラインの巨乳ってことなのかもしれません。しかも彼女、ニットでやってきたんです。ニットって胸がやたらと強調されるじゃないですか。その正体はブラジャーって話なんですけど、彼女は確信犯的にニットを着てきたんですよね。あざとさもあるよく分かっている風俗嬢だなと思いました(笑)実際そのおかげで彼女とご対面した時、自分の目は彼女のバストにくぎ付けになってしまいました。もちろんそのバストをいろいろな形で楽しませてもらったので、満足感もかなりのものになったなって思っています。単純に見ても楽しかったんです。揉んで舐めて挟まれてで大満足なのも当たり前なんじゃないかなと。

業界初の新人風俗嬢とエッチした

デリヘルの受付に新人の風俗嬢が入ってきたと言われるとすぐに新人を指名して試したくなる。新人にも二種類いて業界初の子とそのお店では新人の子。業界初の新人の子なら必ずだれよりも一番初めに予約をして、彼女を自分色に染めたいと思う。数日前に自分好みの業界初の子が入ったばかりだったので、俺はいつものデリヘルに予約をした。写真で見たときはかなり若く見えたけど、実際に家であってみるとそこまで若くはなかった。でも、業界初というだけあってかなり緊張していたし、たまに言葉遣いを間違えるなど可愛いところがたくさんあった。一番初めに簡単なフェラをしてもらったがやはり素人レベルのテクだったので、俺の肉棒で彼女がフェラで男性を射精させられるように教えた。舌使いや口の使い方など簡単に教えただけでも結構うまくなり、彼女の口の中に一発目の射精をしてごっくんしてもらった。初めはすごく嫌そうな顔をしていたけど二度目も時間ぎりぎりまでフェラしてもらって、彼女に風俗の洗礼を受けてもらった。

[ 2015-05-02 ]

カテゴリ: 風俗体験談