>  > 綺麗な熟女という選択肢

綺麗な熟女という選択肢

綺麗な熟女という選択肢も出来たのが最近の風俗ですよね。かつての熟女風俗嬢といえば、ビジュアルではなく経験を売りにしていたと思うんですよ。ビジュアルに関しては若い女の子にはどうしても叶わないものの、経験のおかげで与える満足感は熟女の方が上。そんな話でしたけど今は熟女もビジュアルレベルが高まっていますよね。熟女というカテゴリーが失礼になってしまうんじゃないかという熟女風俗嬢は珍しくありません。この前にご一緒したTさんもそうです。彼女は「こんなおばさんを指名してくれてありがとね」って言ってくれたんですけど、おばさんと呼ぶには少々抵抗がある美人。でもやはりプレイは熟女なので、こちらのために誠心誠意尽くしてくれるし、勢いに任せたプレイではなく、ネットリとこちらを楽しませてくれるプレイで感激しました。ここまでしてくれるので満足度もとても高かったのは言うまでもありません。それもまた、良い思い出かなと(笑)

泣きそうになっちゃいましたよ

思わず泣きそうになったのは悔しいとか悲しいとかではないんです。あまりにも気持ち良かったからです。その日の風俗では攻めるのが得意というTちゃんを指名。しかもホテルにはちょっとした拘束器具もあったんですよね。これはもう拘束してもらうしかないだろうってことで拘束された上で攻めてもらったんですけど、これがまた良かったんです。興奮は最高潮。風俗で楽しんでいるということを忘れて一人の男として迫りくる快感になすすべもなく、彼女が言うには我慢汁も凄いことになってしまっていたようですが、涙まで出てきましたね。まさかと思いましたよ。そこまで凄いことになっているなんて自分でも思わないじゃないですか。だからこそびっくりしました。でもそれだけ楽しめたってことで自分自身、最高に満足出来ましたし、挙句には男の潮吹きまで楽しませてもらっちゃいました。何から何までいろいろと楽しめて自分自身、忘れられない風俗の時間になったんじゃないかなと。

[ 2016-11-13 ]

カテゴリ: 風俗体験談